蓮舫氏、大統領選後に訪米意向 ケネディ大使と会談で伝達

2016/10/12 19:09
共有
保存
印刷
その他

 民進党の蓮舫代表は12日、ケネディ駐日米大使と都内の在日米大使館で会談し、11月の米大統領選後に訪米したいと伝えた。ケネディ氏は実現に協力する姿勢を示したという。蓮舫氏は会談後、党本部で記者団に「大統領選の結果次第でいろいろ意見交換する必要が出てくる」と語った。

 会談は蓮舫氏側が呼びかけた。蓮舫氏は安全保障関連法を巡り「全てに反対しているわけではないが、政権がやりたいと思っている米軍支援は個別的自衛権で可能だ」と説明。白紙撤回を求める民進党への理解を求めた。俳句を好むケネディ氏に「太平洋 蓮(はす)の懸け橋 紡ぐ女性(ひと)」との句を送った。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

米国政府蓮舫ケネディ民進党

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:02
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
7:05
北陸 6:10
6:01
関西 6:02
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
26日 21:52

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報