公明代表、「共謀罪」再検討求める 法整備は容認

2017/1/12 19:53
共有
保存
印刷
その他

 公明党の山口那津男代表は12日の記者会見で、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、再検討が必要との認識を示した。「どういう法案を作り、どう提出するか、過去の議論の経過を踏まえ、慎重に政府・与党間で検討を進めてほしい」と語った。

 山口氏は「国内法が早期に整備され、国際社会と協調できる態勢をつくることが大局的に重要だ」と法整備は容認した。「共謀罪」を盛り込んだ法案は2003年以降、国会で3回廃案になった経緯がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

山口那津男共謀罪公明党

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:01
中国 7:01
7:01
四国 11:50
7:01
九州
沖縄
6:00
2:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報