アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

島根・広島など4県にPAC3配備決定 防衛省

2017/8/11 19:48 (2017/8/11 21:05更新)
共有
保存
印刷
その他

 北朝鮮が米領グアム周辺に弾道ミサイルを発射する構えを見せていることを受けて、政府は11日、日本国内への落下に備えて空自の地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)を展開することを決めた。北朝鮮が上空を通過するとした島根、広島、高知に愛媛県を加えた4県の陸上自衛隊駐屯地に配置する。12日朝には展開を終えたい考えだ。

自衛隊のPAC3訓練の様子

 日本のミサイル防衛(MD)は二段構え。イージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)で破壊を試み、撃ち漏らした場合、空自のPAC3で対応する。PAC3は北朝鮮のミサイルが不具合などで日本の領土や領海に落下するなど、不測の事態が起きた場合に使用される。

 4県はいずれも普段部隊が配置されていない空白地帯のため、近隣の基地から移動させる。展開先は出雲(島根)、海田市(広島)、松山、高知の各駐屯地。

 ミサイルの迎撃には自衛隊法に基づく破壊措置命令が必要で、政府は弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮情勢を受け、昨年8月から命令を継続している。東京・市谷の防衛省などにも常時、PAC3が展開している。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

PAC3ミサイル弾道ミサイル島根広島防衛省

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]