政府、18年度沖縄振興費 3000億円台で調整へ

2017/8/11 1:08
共有
保存
印刷
その他

 政府は10日、2018年度予算案の沖縄振興費を3000億円台とする方向で調整に入った。米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の実現に向け、基地負担の軽減策とあわせて沖縄県側への配慮を示す。具体的な予算額は年末にかけて県側と調整を続ける。

 江崎鉄磨沖縄・北方相は同日、都内で翁長雄志県知事と18年度予算を巡って協議した。翁長氏は3000億円台とするよう求め、江崎氏も「必要な予算の確保に努める」と応じた。17年度予算は3150億円と前年度比で約200億円の減額だったが、翁長氏は減額分の復活も求めた。

 沖縄振興費を巡っては、安倍晋三首相が13年に、21年度まで毎年3000億円台を確保する方針を示した。自民党内には来年2月の名護市長選に備え、18年度予算でも県側の要望を受け入れるべきだとの声がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

江﨑鐵磨翁長雄志安倍晋三沖縄

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:40
11:14
北陸 6:02
6:00
関西 6:00
5:59
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報