日中首脳、戦略的互恵関係の発展で一致 25分間会談

2014/11/10付
共有
保存
印刷
その他

 【北京=中山真】安倍晋三首相は10日昼(日本時間午後)、北京市内の人民大会堂で中国の習近平国家主席と約25分間、会談した。両首脳は日中両国の戦略的互恵関係を発展させることで合意した。東シナ海での不測の事態に備えた両当局間の海上連絡メカニズムの運用開始へ協議を急ぐ方針も確認した。

 日本側の説明によると、首相は会談で「中国の平和的発展は好機であり、世界第2、第3の経済大国として協力し、地域の平和と繁栄に向けて両国で責任を果たしていきたい」と表明した。さらに「隣国同士、個別の問題はあるが、全般的な関係を損なうことは避けるべきだ」と関係改善を呼びかけた。

 習氏は日中両政府が発表した沖縄県・尖閣諸島を巡る緊張状態について双方が「異なる見解」を持つなどとした4つの合意事項を踏まえ「戦略的互恵関係に従って日中関係を発展させていきたい」と述べた。日本の集団的自衛権行使容認などの議論を念頭に「平和国家としての道を歩んでほしい」とも指摘し、「今後も徐々に関係改善のための努力をしていく」と応じた。

 歴史認識問題を巡っては、習氏が首相の靖国神社参拝などを念頭に「中国13億人の国民の感情の問題だ」とクギを刺した。習氏が「歴史を直視して未来に向かうことが重要だ」と述べるとともに、植民地支配と侵略へのおわびを表明した「村山談話」の継承を求めた。首相は「安倍内閣においても歴代内閣の歴史認識を引き継いでいる」と強調した。

 日本側の説明によると、首脳会談では靖国神社や尖閣諸島などの具体的な名称については話題に上らなかったという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 29日 7:01
29日 7:00
東北 29日 7:01
29日 7:00
関東 29日 7:01
29日 7:01
東京 29日 7:00
29日 7:00
信越 29日 7:00
29日 7:00
東海 30日 2:00
30日 1:31
北陸 29日 6:32
29日 6:30
関西 29日 6:02
29日 6:00
中国 29日 6:32
29日 6:28
四国 29日 6:32
29日 6:25
九州
沖縄
29日 1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報