速報 > 経済 > 記事

公的年金、株式運用の上限撤廃 20%台に拡大へ

2014/8/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、国内株式の保有上限を撤廃したことが分かった。5日に開いたGPIFの運用委員会で決めた。約130兆円ある全資産の18%までと定めていた上限を超えても買い増せるようになる。9月に新たな資産割合を決めるまでの暫定措置で、9月以降は国内株式の割合を20%台に増やす。

 国内株式の運用比率を1ポイント増やせば1兆円強の買いが発生する。仮に3月末…

関連キーワード

GPIF、年金積立金管理運用独立行政法人、株式投資

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/04 大引
17,792.16 -390.23 -2.15%
NYダウ(ドル)
9/03 16:35
16,374.76 +23.38 +0.14%
ドル(円)
9/04 16:29
119.29-30 -1.08円高 -0.90%
ユーロ(円)
9/04 16:29
132.88-92 -2.36円高 -1.75%
長期金利(%)
9/04 15:39
0.370 -0.025
NY原油(ドル)
9/03 終値
46.75 +0.50 +1.08%
人気連載ランキング保存記事ランキング

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報