電子処方箋4月解禁 厚労省、薬局の事務負担軽く

2016/2/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 厚生労働省は4月から医師が患者の薬を指示する処方箋の電子化を認める。医師が処方する薬のデータを地域の専用サーバーに送り、薬局がデータを呼び出して患者に薬を出す。薬局が年間7億枚を超える処方箋をパソコンで打ち込んだり、保管したりする手間がなくなる。2020年度以降は全国に広げ、患者がマイナンバーカードだけで薬を受け取れる仕組みを検討する。

 厚労省は医療のIT(情報技術)化を議論する10日の医療情報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料!お申し込みはこちら

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚労省厚生労働省処方箋薬局情報技術

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 21:21
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 15:02
6:03
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
22:07
22:06

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報