アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

駐韓大使9日に一時帰国 少女像で対抗措置

2017/1/8 19:05
保存
印刷
その他

 外務省は8日、長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を9日に一時帰国させると発表した。韓国・釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦問題を象徴する少女像が置かれたことを受けた4項目の対抗措置の一つ。

 長嶺氏は一時帰国後、安倍晋三首相と今後の対応を協議するとみられる。韓国への帰任時期に関しては韓国側の反応をみながら慎重に見極める。

 駐韓大使の一時帰国の事例としては、2012年8月に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が島根県の竹島に上陸したことに抗議して、日本政府が武藤正敏大使(当時)を帰国させ、12日後に帰任した経緯がある。

保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

李明博武藤正敏森本康敬帰国安倍晋三韓国釜山大使外務省

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]