蓮舫氏、次期衆院選「シンプルな形に」

2016/11/7 19:26
共有
保存
印刷
その他

 民進党の蓮舫代表は7日、都内で講演し、次期衆院選の小選挙区について「1対1、与党対野党というシンプルな形が有権者にとって選択しやすい」と述べ、野党候補の一本化に意欲を示した。「まず空白区に公認候補を立てることだ」とも語り、民進党の候補者擁立を急ぐ考えも示した。

 民進、共産、自由、社民の野党4党は近く幹事長・書記局長会談を開き、今後の協力策を協議する方針だ。

 蓮舫氏は、共産党との協力に慎重な支持団体の連合について「選挙区で他の政党とのことまで口を出すものだと考えていない」と述べた。連合の意向に左右されず次期衆院選の野党協力策を判断する意向を示した形だ。「最大の支援団体で、最大限尊重している。お互いわかりあえる政策の実現のため、これからも共に歩む」とも強調した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

蓮舫衆議院選挙民進党

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 18:07
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:14
12:29
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
13:25更新
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報