仕事の進め方と社内風土改革、生産性向上のカギ

2017/1/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 政府の働き方改革の目的は誰もが能力を最大限発揮できる環境を整えることで、企業の生産性を高め、日本全体の成長につなげることにある。企業が最も重視する「長時間労働の是正」や「女性の活用」は喫緊の課題だが、仕事の進め方や社内風土の改革と連動しないと生産性は高まらない。

 多くの企業は女性社員にいかに持続的に能力を発揮してもらうかに知恵を絞っている。長時間労働がはびこる職場で女性が活躍しにくいのは自明の理…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

進め方

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 0:15
25日 7:01
東北 25日 7:00
25日 7:00
関東 26日 12:18
26日 7:01
東京 25日 7:00
25日 7:00
信越 25日 7:01
25日 7:00
東海 27日 14:00
27日 1:51
北陸 25日 6:00
25日 6:00
関西 27日 17:12
26日 1:43
中国 25日 6:02
25日 6:01
四国 25日 6:02
25日 6:01
九州
沖縄
27日 21:51
27日 21:49

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報