臨時国会見送り論、政府・与党で強まる TPP承認は16年へ

2015/10/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 政府・与党内で秋の臨時国会の召集を見送るべきだとの声が強まってきた。環太平洋経済連携協定(TPP)の米国での署名が来年初めになる見通しで、それまでは守秘義務などから日本の国会で実質的な審議ができないとみられるためだ。与党はTPPの議論を当面、閉会中審査で対応する構えで、TPP協定案の国会承認は来年になる見通しだ。

 安倍晋三首相は6日の記者会見で、臨時国会の召集について「与党と相談しながら考えたい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

TPP安倍晋三井上義久谷垣禎一TPP承認臨時国会TPA

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:30
6:01
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報