TPPで生活どう変わる 肉やワイン、輸入品安く

2015/10/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すれば、消費者の生活に広く恩恵が及びそうだ。米国産の牛肉やコメが今より安く手に入ったり、オーストラリアのワインをより手軽に楽しめたりするようになる。海外の渡航先で通話料金が安くなる利点も期待できそうだ。TPP参加国は日本にとってより身近な国になる。

 牛肉は米国などからの関税を段階的に下げることが決まった。現在の38.5%から1年目に27.5%になり、16年目に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:00
7:00
関西 7:01
7:01
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
21日 21:30
21日 21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報