司法修習生支援を閣議決定 月13万5000円支給

2017/2/3 10:14
共有
保存
印刷
その他

 政府は3日、司法試験に合格した司法修習生に生活費などとして毎月13万5000円を一律支給する制度の創設を盛り込んだ裁判所法改正案を閣議決定した。2017年以降の合格者が対象。現在は一定額を無利子で貸し、分割返済してもらう「貸与制」があるが、支援を充実させて法曹志望者の増加につなげる。

 新制度では月ごとの一律支給に加え、修習のため賃貸住宅に住む場合などに月3万5000円を上乗せする。引っ越し代も一部負担する。貸与制も併存させる。

 司法試験の合格者は裁判官や検察官、弁護士になる前に司法研修所で実務研修を受ける。この間は原則として収入がなくなるため、従来は修習生には月約20万円を一律支給した。ただ司法制度改革で合格者が大幅に増え、財政負担抑制などを理由に11年には貸与制に移行した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 14:41
7:01
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:00
25日 21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報