16年の有効求人倍率、1.36倍に上昇 25年ぶり高水準

2017/1/31 8:30
保存
印刷
その他

 厚生労働省が31日発表した2016年平均の有効求人倍率は前年比0.16ポイント上昇の1.36倍だった。上昇は7年連続。1991年(1.40倍)以来25年ぶりの高水準を記録した。企業の求人数が増加する半面、有効求職者が減少した。雇用の先行指標とされる新規求人倍率の16年平均は2.04倍と0.24ポイント上昇し、91年(2.05倍)以来の高水準となった。

 併せて発表した16年12月の有効求人倍率は前の月に比べて0.02ポイント上昇の1.43倍だった。上昇は4カ月連続。QUICKがまとめた市場予想(1.42倍)を上回り、91年7月以来25年5カ月ぶりの高水準だった。

 業種別では、教育・学習支援業や建設業の求人増が目立った。新規求人倍率は2.18倍と前の月に比べて0.07ポイント上昇し、月間ベースでは91年2月以来25年10カ月ぶりの高水準だった。

 正社員の有効求人倍率は0.92倍と0.02ポイント上昇した。04年11月の集計開始以降で最高水準となった。就業地別の有効求人倍率は9カ月連続で全都道府県で1倍を上回った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

過去の統計データがご覧いただけます。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府統計厚生労働省有効求人倍率

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 23日 6:25
23日 6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報