官房長官、支持率低下「動きに一喜一憂すべきでない」

2017/6/19 12:16
共有
保存
印刷
その他

 菅義偉官房長官は19日午前の記者会見で、報道各社が実施した世論調査で安倍内閣の支持率が低下していることに関連し「支持率は低いよりも高いほうがいい」とした上で「その動きに一喜一憂すべきではない」との認識を示した。日本経済新聞社とテレビ東京による16~18日の世論調査では内閣支持率は前回調査と比べ7ポイント低い49%となった。

 菅氏は「国民のために真に必要な政策を一つ一つ的確に説明をさせて頂きながら、着実に進めていくことが大事」とし、経済財政運営の基本方針(骨太の方針)や成長戦略の実施などを通じて「経済再生に万全を期していきたい」と語った。また、内閣改造の検討状況については「総理の専権事項であるので、私の立場で答えることは控える」と述べるにとどめた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:30
6:01
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報