貿易赤字、2カ月連続で縮小 8月9485億円
赤字は26カ月連続

2014/9/18付
共有
保存
印刷
その他

 財務省が18日発表した8月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9485億円の赤字だった。貿易赤字は26カ月連続。前年同月は9714億円の赤字で、2カ月連続で赤字幅が縮小した。輸出が2カ月ぶりに減少に転じたものの、原粗油など燃料を中心に輸入の減少率が上回った。

 QUICKが17日時点で集計した貿易収支の民間予測中央値は1兆285億円の赤字だった。輸出額は前年同月比1.3%減の5兆7060億円。部品製造用など金属加工機械が中国向けなどに伸びたが、ウエートの大きいペットボトル原料などの有機化合物や自動車などの品目で減少が目立った。輸出数量指数も2.9%減と2カ月ぶりに減った。

 一方、輸入額は1.5%減の6兆6545億円で、3カ月ぶりに減少した。インドネシアからの原粗油やオーストラリアからの石炭、中国からのスマートフォン(スマホ)をはじめとした通信機などが減少した。輸入数量指数も4.6%減と2カ月連続の減少となった。

 財務省は燃料輸入が減ったことについて「8月は全国的な豪雨で気温が上がらず、電力需要が平年に比べて小さかった」ことなどを要因として挙げた。

 地域別にみると、対米国の貿易黒字は22%減の3855億円だった。自動車の輸出が減った一方で、医薬品、航空機などの輸入が膨らみ、黒字額は7カ月連続で減少した。対欧州連合(EU)は345億円の貿易赤字。自動車を中心に輸出が15カ月連続増と堅調で、赤字幅は縮小した。対アジアは3662億円の貿易黒字だったが、対中国は2339億円の赤字だった。

 為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル=102円15銭で、前年同月比3.8%の円安だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

赤字貿易赤字スマホ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:02
6:01
関西 12:00
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
1:31
25日 21:49

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報