生保協会長、日銀の金利操作「超長期金利は市場に委ねるべき」

2017/2/17 16:10
共有
保存
印刷
その他

 生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)は17日の定例記者会見で、日銀の長短金利操作について「どのようなイールドカーブ(利回り曲線)が金融政策を効果的に発揮する上で適切なのかもう少し議論があってもいい」と述べた。日銀が長期金利を誘導目標にしている点については「10年を操作対象とすると超長期ゾーンの金利変動にまで日銀が対処せざるを得ない局面があると思う」と指摘。その上で「中期ゾーンを操作対象として超長期についてはある程度の変動をマーケットに委ねることが金融政策を遂行する上でのコストベネフィットに見合う」との個人的見解を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 15:02
6:03
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報