米セントルイス連銀総裁、「現在の状況、2年半続く」 利上げに慎重姿勢繰り返す

2016/8/18 3:59
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

【NQNニューヨーク=岩切清司】米セントルイス連銀のブラード総裁は17日講演し、米経済に「大きなショックが発生しなければ、現在の状況が今後2年半にわたって続く」と述べた。米メディアが伝えた。こうした景気認識を背景に、政策金利は「将来予測に基づいて実質的に横ばいとなる」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報