日商会頭、米次期政権「予断持たずに評価したい」

2017/1/12 13:52
共有
保存
印刷
その他

 日本商工会議所の三村明夫会頭は12日の記者会見で、トランプ次期米大統領の11日の記者会見について「発言内容は従来の繰り返しにすぎない」とした上で、就任日である20日以降の対応が「どう切り替わるかに強い関心を持っている」と話した。また、閣僚候補も含め「予断を持たず評価することが正しい対応だ」とした。

 トランプ氏の会見を受け、円相場は一時1ドル=114円台前半まで上昇した。三村会頭は「今後も色々な政策や発言が出てくるたびに乱高下する」との見方を示したうえで「一喜一憂する必要は全くない」と述べた。トランプ氏のツイッター上での発言については「ツイッターで個別企業の個別戦略に影響を及ぼすことは、はっきりいって良くない」と批判した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

三村明夫トランプ日本商工会議所

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 24日 15:35
24日 7:05
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 24日 6:05
24日 6:02
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
1:27
24日 6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報