東京都心オフィス空室率、5年6カ月ぶり低水準 8月は6.02%

2014/9/11付
共有
保存
印刷
その他

 オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が11日まとめた8月末時点の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は前月末比0.18ポイント低下の6.02%と、2009年2月(5.60%)以来5年6カ月ぶりの低水準となった。改善は14カ月連続。企業の移転需要が堅調だった。

 景気回復を背景に企業は採用を増やしている。社員数の増加などに対応するため、業績が改善している企業を中心にオフィスの拡張が活発だ。8月は大手電気機器メーカーのグループ会社が港区の既存ビルに一部移転するなどの動きがあった。

 一方、都心5区のオフィス平均賃料は3.3平方メートルあたり1万6729円と、前月末より0.40%(66円)上昇した。上昇は8カ月連続。築後1年以上の既存ビルの賃料が7カ月連続でプラスを維持するなど、需給バランスの改善に伴って賃料への上昇圧力が強まっている。

 大阪ビジネス地区の空室率は0.36ポイント低下の8.36%、名古屋ビジネス地区は0.21ポイント低下の8.16%だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

オフィス空室率三鬼商事

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:41
7:05
北陸 7:02
7:01
関西 14:30
6:30
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報