MSCI 「中国A株」の新興国指数への採用に条件、流動性向上など  

2015/6/10付
共有
保存
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】株価指数を開発・算出するMSCIは米東部時間9日夕(日本時間10日朝)、中国企業の人民元建て株式で上海や深圳に上場している「中国A株」をMSCIの新興国株指数へ採用するには条件を付けるとの方針を発表した。中国での外国人投資家の投資枠の拡大や流動性の向上といった条件を満たせば、指数に組み入れるという。MSCIは中国の証券当局である中国証券監督管理委員会(証監会、CSRC)と作業部会を設け、課題解消について話し合う。

 MSCIは毎年6月に定例の市場分類を見直している。9日の発表で指摘した課題が解消できれば、次の見直しを待たずに採用するという。中国A株が新興国指数に加われば世界から投資資金が流入するとの期待は、最近の中国株の押し上げ要因になっていた。

 現在、MSCIの新興国株指数に含まれる中国関連株は米ドルや香港ドル建ての「中国B株」、「H株(香港上場の中国本土企業株)」、「レッドチップ(中国本土系香港企業株)」などにとどまる。新興国株指数は中国やインド、ブラジルなど新興国23カ国の株式を含む。日米独など先進国23カ国から成り立つ先進国株指数と合わせて、MSCIの世界株指数である「ACWI(オール・カントリー・ワールド指数」を構成している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

MSCI指数中国中国本土企業株

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 13:42
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:03
6:02
九州
沖縄
2:00
1:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報