株、上海株安が飛び火 換金売りで下げ拡大、売買代金膨らむ

2015/7/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 9日の東京株式市場で日経平均株価は荒い値動きとなっている。朝方に日経平均は下げ幅を600円超まで広げ、一時は1万9000円の節目にも近づいた。主因は引き続き中国株の先行き不透明感。中国当局が相次いで株価下支え策を打ち出してもなお、下げ止まりの気配を見えないことで、株安が世界の株式市場に飛び火した。投資家心理が一段と冷え込み、日本株を揺さぶっている。

 「世界中の投資家が日本株に換金目的の売りを出し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:35
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報