景気一致指数、5月は1.5ポイント低下 判断据え置き

2016/7/7 14:41
共有
保存
印刷
その他

 内閣府が7日発表した5月の景気動向指数(2010年=100、速報値)で、景気の現状を示す一致指数は前月比1.5ポイント低下の110.5だった。低下は3カ月ぶり。内閣府は一致指数の基調判断を「足踏みを示している」に据え置いた。

 前月と比較可能な8指標のうち6指標が一致指数のマイナスに影響した。なかでも軽自動車などの出荷が落ち込んだことで、耐久消費財出荷指数が悪化。鉱工業生産財出荷指数も指数低下につながった。有効求人倍率や中小企業出荷指数(製造業)は改善したが補えなかった。内閣府は4月の熊本地震による影響は限定的とみている。

 数カ月先の景気を示す先行指数は横ばいの100.0だった。新規求人数や新設住宅着工床面積が改善を示した。一方、鉱工業用生産財在庫率指数などが悪化した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

経済動向政府統計景気一致指数一致指数

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 7:00
26日 7:00
東北 26日 7:01
26日 7:00
関東 26日 7:01
26日 7:01
東京 26日 7:01
26日 7:00
信越 26日 7:00
26日 7:00
東海 4:30
4:00
北陸 26日 6:02
26日 6:01
関西 26日 12:00
26日 5:55
中国 26日 7:01
26日 7:01
四国 26日 7:01
26日 7:01
九州
沖縄
1:31
1:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報