9月日銀短観、大企業製造業DIプラス6 2期連続で横ばい

2016/10/3 9:00
共有
保存
印刷
その他

 日銀が3日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業製造業でプラス6だった。前回の6月調査(プラス6)から横ばいだった。海外経済の先行き不安の後退や自動車輸出の底入れ、熊本地震の影響が薄れたことが景況感を支えた。半面、外国為替市場で円相場が想定レートよりも円高に振れ、はん用機械、生産機械などのDI悪化を招いた。

 業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた値。9月の大企業製造業DIは、QUICKがまとめた市場予想の中央値のプラス7を小幅ながら下回った。回答期間は8月29日~9月30日で、回答基準日は9月12日だった。

 3カ月先については、大企業製造業がプラス6になる見通し。英国のEU(欧州連合)離脱決定後の国際金融市場の落ち着きが支えになる一方、円高進行は重荷になる。

 2016年度の事業計画の前提となる想定為替レートは大企業製造業で1ドル=107円92銭だった。前回の111円41銭よりも円高・ドル安方向に修正された。

 大企業非製造業のDIはプラス18と、前回から1ポイント悪化した。悪化は3四半期連続。円高進行による訪日外国人(インバウンド)消費の伸び悩みや相次いだ台風上陸が小売業などの景況感を下押しした。一方、建設業や不動産業などのDIは上昇が続いた。

 3カ月先のDIは2ポイント悪化し、プラス16を見込む。内需不振への懸念が根強いためとみられる。すでに高水準の建設、不動産も先行きは悪化を見込む。

 中小企業は製造業が2ポイント改善のマイナス3、非製造業は1ポイント改善のプラス1だった。先行きはいずれも悪化だった。

 2016年度の設備投資計画は大企業全産業が前年度比6.3%増だった。6月調査の6.2%増から上方修正されたが、前年同期(10.9%増)は下回った。大企業のうち製造業は12.7%増、非製造業は2.9%増を計画している。

 16年度の全規模全産業の設備投資計画は前年度比1.7%増で、市場予想の中央値(2.3%増)を下回った。

 大企業製造業の16年度の輸出売上高の計画は前年度比3.7%減で6月調査の1.6%減から下方修正された。

 大企業製造業の販売価格判断DIはマイナス10と、6月調査(マイナス12)から2ポイント上昇した。DIは販売価格が「上昇」と答えた企業の割合から「下落」と答えた企業の割合を差し引いたもの。個人消費の伸び悩みや物価の低迷で販売価格には下落圧力が強い。

 金融機関の貸出態度判断DIは全規模全産業で25と6月調査のプラス23から改善した。1989年12月調査(プラス26)以来の高水準だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

円相場経済動向個人消費政府統計DI日本銀行EU

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 1:16
23日 23:30
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 23日 23:30
23日 4:00
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
23日 6:00
22日 8:07

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報