TPP日米閣僚協議物別れ 甘利氏「議論かみ合わず」

2014/9/25付
共有
保存
印刷
その他

 日米両政府は24日(日本時間25日未明)、環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る2国間の閣僚級協議を終了した。牛・豚肉の関税など難航分野の打開を目指したが、双方の主張はかみ合わず、協議は物別れに終わった。TPPの全体交渉は、基軸となる日米協議が停滞したことで、年内合意のめどが立たない状況に陥った。

 甘利明経済財政・再生相は24日夕方、記者団に対して「当方は柔軟性のある対応をしたが、議論がかみ合わなかった」と説明し、米国側の譲歩を引き出せなかったことを示唆した。TPPの全体交渉の今後については、「米国以外の国との交渉は進展しているので、それを加速させることで貢献していく」との説明にとどめた。

 24日は当初、丸1日をかけて甘利氏が米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談する予定だったが、両者の協議は開始1時間で終了した。

(ワシントン=北爪匡)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

TPPフロマン甘利明

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 14:56
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 15:40
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:05
14:03
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 15:00
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報