ギリシャ、改革リスト提出24日に延期

2015/2/24付
共有
保存
印刷
その他

 【イスタンブール=花房良祐】ギリシャ政府は23日を期限とされていた財政構造改革の1次リストの提出を24日朝(日本時間同日午後)に延期した。期限後の提出については欧州連合(EU)側も同意しているという。ギリシャ側の提案には脱税と腐敗の摘発、滞納した税金の徴収の改善策などが含まれているという。国営企業の民営化や燃料の密輸入にも言及する可能性がある。

 大手紙カシメリニなどによると、EUとギリシャは23日、リストの内容を巡る最終調整を数時間にわたり続けた。双方が受け入れ可能な草案をすり合わせ、ギリシャは24日朝に完成させたリストをEUに正式に提出する。同日午後にもユーロ圏財務相が電話会議で内容を検討する。ロイター通信によると、ユーロ圏当局者は「提出物の内容はサプライズにはならない」と述べた。

 ギリシャとEUは2月末に期限が切れる金融支援の4カ月延長で基本合意。前提条件として、23日までに財政構造改革の1次リストの提出を求められていた。同リストは具体的な数値目標が少なく、どこまで財政再建に寄与するか曖昧な内容になっているとの報道もある。

 ユーロ圏財務相に承認されれば、4月末までにさらに詳細を詰める予定で、EU側はギリシャに財政再建策の着実な実行を迫るとみられる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

EUギリシャギリシャ政府

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:00
7:00
関西 7:01
7:01
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
21日 21:30
21日 21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報