VW、米国でのディーゼル車販売撤退へ 幹部表明

2016/11/23 9:41
共有
保存
印刷
その他

 【フランクフルト=加藤貴行】独フォルクスワーゲン(VW)がディーゼル車の排ガス不正問題の震源地となった米国でのディーゼル車販売から撤退する方針であることが22日明らかになった。VW取締役で、同ブランド乗用車部門トップを務めるヘルベルト・ディース氏が独経済紙ハンデルスブラット(電子版)で明らかにした。

 ディース氏は同紙で「米国では新たなディーゼル車を提供することはないだろう」と述べた。理由に「米国の法的な枠組み」を挙げ、同国の厳しい環境基準が背景にあるとした。

 VWは不正発覚後、米国では対象となったディーゼル車の販売を見送っている。このまま再開せず米国で主流のガソリン車と電気自動車(EV)に軸足を移すことになりそうだ。VWは22日、2021年に米国でEV生産を始めることも発表している。

 VWにとってディーゼル車は存在感を全く示せていなかった米国市場攻略の切り札だった。一時は同国でのVWの新車販売の4分の1を占めたが、厳しい基準をクリアするため試験の不正に手を染める結果となった。

 一方、VWグループの独アウディなどはまだ米国でディーゼル車の販売も続ける方針を示している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 29日 7:01
29日 7:00
東北 29日 7:01
29日 7:00
関東 29日 7:01
29日 7:01
東京 29日 7:01
29日 7:00
信越 29日 7:01
29日 7:00
東海 29日 21:47
29日 16:00
北陸 29日 6:05
29日 6:00
関西 1:44
29日 13:42
中国 29日 6:02
29日 6:01
四国 29日 6:03
29日 6:02
九州
沖縄
1:31
1:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報