アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

韓国大統領府に大量資料、「違法指示」も 日韓合意など
朴政権下の執務室で1361件発見

2017/7/17 19:27
共有
保存
印刷
その他

韓国大統領府は朴槿恵前政権が不適切な行政判断を下した証拠になる可能性があるとみて、資料を検察に渡す方針(写真は3月)=AP

韓国大統領府は朴槿恵前政権が不適切な行政判断を下した証拠になる可能性があるとみて、資料を検察に渡す方針(写真は3月)=AP

 【ソウル=山田健一】韓国大統領府は17日、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に大統領府高官が使っていた執務室から1361件の大量の資料を発見したと発表した。旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について触れた資料もあるという。大統領府は前政権が不適切な行政判断を下した証拠になる可能性があるとみて、資料を検察に渡す方針。

 大統領府と国会の調整などを担う政務企画秘書官らが勤務していた執務室のキャビネットから見つかった。大統領府関係者は17日、日韓合意や旅客船セウォル号の沈没事故、選挙などに関連した「適法ではない指示事項が含まれている」と説明した。ただ詳細は明かさなかった。

 韓国国民のなかには日韓合意が結ばれた詳細な経緯を知りたいとの意見が多い。検察の調査次第では、日韓合意を巡る経緯の一端が明かされる可能性がある。

 大統領府は14日にもサムスン電子の経営権継承問題に朴前政権が関与した可能性を示唆する内容を含む約300件の資料を発見したと発表していた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

韓国政府朴槿恵大統領府韓国日韓合意三星電子工業

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]