首相「風雪に耐えた5年」 主催の「桜を見る会」で

2017/4/15 10:38
共有
保存
印刷
その他

 政府は15日午前、安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」を都内の新宿御苑で開いた。首相は開会のあいさつで風が強い天候に触れ、「自公連立政権は風雪に耐える政権だ。常に逆風だが5年の月日を刻んできた」と語った。苑内の七分咲きの八重桜になぞらえ「風雪に 耐えて5年の 八重桜」との句を披露した。

 首相は2017年の春季労使交渉について「4年連続で2%を超える賃上げを実現することができた」と指摘。「働き方改革を進め、皆が活躍できる社会を作っていけば日本はもっとよくなっていく。これからも様々な困難があるが乗り越えていきたい」と強調した。

 桜を見る会には菅義偉官房長官や山口那津男公明党代表のほか、政財界や芸能、スポーツ関係者らが参加。写真撮影や歓談をしながら春の雰囲気を楽しんだ。同会は例年4月に開いている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府安倍晋三桜を見る会菅義偉山口那津男

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 21:43
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 23:15
22:15
北陸 18:42
7:01
関西 7:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
21:49
21:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報