米WD、東芝の半導体売却差し止め請求 国際仲裁裁に

2017/5/15 7:40
共有
保存
印刷
その他

 東芝の半導体メモリー事業の売却を巡って、協業先の米ウエスタンデジタル(WD)が14日、売却差し止めを求めて国際商業会議所(ICC)国際仲裁裁判所に仲裁申立書を提出したと発表した。両社は同事業の売却可否を巡って対立しており、東芝側は合弁会社が運営する四日市工場(三重県四日市市)へのWD社員の立ち入りや情報アクセスを15日深夜に遮断すると警告していた。

 WDは「東芝の更なる契約違反を禁止する旨の差し止めによる救済を求めるもの」としており、仲裁内容次第では東芝の再建計画が大幅に見直しを迫られる可能性がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東芝ウエスタン・デジタル米WDWD

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:00
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報