速報 > 企業 > 記事

トヨタが2代目プリウスPHV 「エコカーの本命」
326万円から

2017/2/15 15:28
共有
保存
印刷
その他

 トヨタ自動車は15日、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」を全面改良して同日から販売を始めたと発表した。PHVは世界的な環境規制の強化に伴って需要が高まる見通しだが、2012年に発売した初代プリウスPHVは国内販売台数が一度も目標に達しないなど不発だった。新型は初代の「反省」を生かし、巻き返す。

 新型プリウスPHVは大容量のリチウムイオン電池を搭載し、電気自動車(EV)モードの走行距離を旧型の26.4キロメートルから68.2キロメートルへと大幅に伸ばした。価格は326万1600円からで、最低価格は通常のプリウスより約80万円高い水準となる。国内で月間2500台の販売を目指す。

 トヨタは12年に初代プリウスPHVを発売したが、最も売れた年でも国内の年間販売台数は1万1000台にとどまり、目標とする3万5000~4万台に届かなかった。世界全体でも累計販売台数は7万5000台にとどまり、初代プリウスよりも滑り出しの勢いを欠いた。

 トヨタは劣勢の原因を「通常のプリウスに比べて価格が高い一方、一目で分かる違いに乏しいこと」と分析し、新型の開発に生かした。フロントグリル周辺やテールランプなどのデザインを通常のプリウスと大きく変えて違いを強調。EVモードの走行距離も伸ばし、日常生活ではガソリンを給油しなくても使えるレベルに高めた。

 トヨタは1997年に量産型のハイブリッド車(HV)であるプリウスを発売し、HVの累計販売台数は1000万台を突破した。だが、世界的な環境規制の強化により、自動車メーカーはHVに加えてPHVやEVといったエコカーを幅広くそろえる必要に迫られている。15日の記者会見で内山田竹志会長は「HVの次を担うエコカーの本命はPHV」と述べ、普及に力を入れる方針を示した。

(名古屋支社 奥平和行)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 12:30
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:02
6:00
関西 6:32
5:58
中国 7:02
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
20:19
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報