5月の電気・ガス料金、全14社が値上げ 家計の負担増

2017/3/30 18:33
共有
保存
印刷
その他

 大手電力10社と都市ガス大手4社は30日、原燃料価格の変動を料金に反映する原燃料費調整(燃調)制度に基づく5月の料金を発表した。原油や液化天然ガス(LNG)、石炭の輸入価格が上昇し、全14社が値上げする。月間電力使用量が260キロワット時の家庭の場合、電力10社の値上げ幅はそろって100円を超え、これは3年ぶりになる。家計の光熱費の負担がさらに増しそうだ。

 前月比で全14社が値上げとなるのは4カ月連続。5月の料金は2016年12月~17年2月に輸入された原燃料の平均価格から算出する。LNGの輸入平均価格が7カ月連続で上昇したほか、原油も4カ月連続で上昇し全国的な値上げとなった。16年前半は燃料価格の下落が目立ったがその後は上昇に転じたため、燃調を反映し電力・ガス料金も続いている格好だ。

 再生可能エネルギー発電促進賦課金の増額も影響した。これまで1キロワット時あたりの賦課金単価は2円25銭だったが、5月の料金から39銭増の2円64銭となった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

原油価格LNG値上げ料金家計

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:30
関西 6:02
6:00
中国 6:32
6:28
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報