スズキ、ミャンマーで7人乗り小型車の生産開始

2015/7/29付
共有
保存
印刷
その他

 スズキは29日、ミャンマーで7人乗り小型3列シート車「エルティガ」の生産を始めたと発表した。従来は小型トラックのみを生産していた。品ぞろえを乗用車に広げ、現地に多い大家族の需要を取り込む。ヤンゴン南東のティラワ工業団地に新工場の用地も確保しており、ミャンマーでの市場開拓を進める。

 エルティガは現地法人のスズキ・ミャンマー・モーターがヤンゴン郊外にある工場で生産する。目標生産台数は月間100台。

 スズキは1998年にミャンマーの国営企業と合弁会社を設立した。軍事政権の影響などで10年末に合弁会社は清算したものの、民主化後の13年春に工場の操業を再開。14年度には小型トラック「キャリイ」を1350台生産した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

スズキエルティガキャリイミャンマー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報