日立がIoTやAI重視の新研究棟 100億円投資

2016/6/28 20:32
共有
保存
印刷
その他

 日立製作所は28日、主力研究拠点である「中央研究所」(東京都国分寺市)に新棟を建設すると発表した。新たな研究棟を設けるのは10年ぶりで、投資額は100億円程度。国内外の顧客との連携拠点と位置づけ、300人収容の国際会議場なども整備する。最先端の設備を活用し、顧客と一体になった研究開発の推進につなげる。

 新棟は2019年3月に完成する予定。あらゆるモノがインターネットにつながるIoTに対応し、人工知能(AI)やセンサー関連などの設備を充実。省エネなど顧客の課題解決につながる新規事業の創出を目指す。

 新施設の完成後は世界展開の中核拠点と位置づけ、世界でも研究開発施設の整備を進める。今年1月に米シリコンバレーに開設した「社会イノベーション協創センタ」を、18年度までに北京とロンドンにも開設する。中国・広州市にもIoTの製造業への応用を柱とした研究拠点を設ける。

 日立は18年度までの3年間の研究開発費を13~15年度比1割増やす計画。新拠点などを軸に顧客の企業や政府と研究段階から積極的に連携し、欧米大手に対抗する。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 12:30
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:02
6:00
関西 6:32
5:58
中国 7:02
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
20:19
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報