ビジネス最前線

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東芝株急落、時価総額5600億円消滅 シャープに抜かれる

2016/12/28 12:17 (2016/12/28 16:11更新)
保存
印刷
その他

 東芝株への売りが止まらない。28日の東京株式市場で東芝の株価は制限値幅の下限(ストップ安)となる前日比20%安まで下落。27日からの2日間で時価総額およそ5600億円が吹き飛んだ。米国の原子力発電事業で数千億円規模の減損損失が出る可能性があると27日に発表したことで、経営再建の遅れや財務悪化への懸念が強まっているためだ。28日には、業績回復への期待感から株価が上昇しているシャープに時価総額で抜かれた。

■2日間の下落率30%

 東芝株は売り気配で始まり、取引開始から30分弱がたった午前9時28分に制限値幅の下限にあたる20%安の311円60銭を付けた。その後も売り注文が膨らみ続け、取引終了まで売り気配のまま推移した。株価は前日も12%下げており、2日間の下落率は30%に達する。

 時価総額は約1兆3200億円と、急落前の26日に比べて5600億円近く減った。電機大手8社の中では、NEC(約8000億円)に次いで時価総額が小さかったシャープが業績期待から時価総額を急回復させ、28日は1兆3500億円強と6年8カ月ぶりの水準を回復。東芝は2009年6月以来、およそ7年半ぶりにシャープに抜かれた。

 株価急落の背景には、減損計上で脆弱な財務体質が一段と悪化しかねないとの懸念がある。減損額の「数千億円」がどの程度の規模になるのかがわからないことも、市場の不安に拍車をかけている。

 もともと、東芝の財務の健全性を示す自己資本比率は7%台と低く、製造業の健全性の目安とされる20~30%を大きく下回る水準だった。それでも、為替の円安や半導体事業の好調で今年度末には自己資本が4200億円と1000億円程度上積みされるとの見方が広がっていたが、もし減損額が大きければ自己資本は再び大きく目減りすることになる。

■資本増強策がカギに

 金融機関との融資枠契約が残っていることもあり、運転資金がすぐに枯渇する可能性は低そう。ただ、自己資本が目減りすれば、信用力が低下し、格付け機関の判断や金融機関からの融資の条件にも大きく影響する。当面は「(資産売却や増資といった手法を通じた)資本増強が喫緊の課題となる」(SMBC日興証券の伴豊チーフクレジットアナリスト)。

 東芝は特設注意市場銘柄に指定されていることもあり、当面は公募増資を使った資本増強は難しいとみられる。ただ、指定が解除される前にも、「金融機関からの資本支援やハイブリッドローンの資本への転換など様々な選択肢を模索してる可能性があってもおかしくない」(伴氏)。資本増強の道筋がみえるまで、当面は東芝株を敬遠する動きは続く可能性がある。

(富田美緒)


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

ビジネス最前線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

シャープ東芝時価総額SMBC日興証券NEC


【PR】

ビジネス最前線 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

職場の悩みは万国共通 サンリオのOL奮闘記、海外で話題  [映像あり][有料会員限定]

 終業間際に大量の仕事を指示して自分だけオフィスを去る上司にイライラ――。日本企業で働く女性会社員がオフィスで奮闘する姿を描く動画「アグレッシブ烈子(英語名:Aggretsuko)」がいま、米国を中心…続き (2/18)

東芝の本社(14日午後、東京都港区)

揺れる東芝株 巨額資金調達か 1部上場維持か…

 東芝は3月末に迫る債務超過の回避を最優先すべきか。それとも、一気に巨額の資金調達を目指す賭けに出るか――。16日の株式市場では、東芝再建の柱である半導体メモリー事業の分社・一部売却を「3月末以降に遅…続き (2/16)

米国債保有、9年ぶり日中逆転 変わる三角関係

 2016年末の米国債保有額で、日本が年末時点としては9年ぶりに首位になった。2008年のリーマン・ショック以降、中国が年末時点の保有額でトップを維持してきたが、日本が逆転した。中国が人民元の急落に歯…続き (2/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

2/20 13:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<2/20の予定>
  • 【国内】
  • 1月の貿易統計(財務省、8:50)
  • 1月の主要コンビニ売上高
  • 榊原経団連会長の会見(15:30)
  • 【海外】
  • 2016年10~12月期のタイ国内総生産(GDP)
  • ユーロ圏財務相会合
  • プレジデントデーの祝日で米国市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/21の予定>
  • 閣議
  • 1月の全国百貨店売上高
  • 1月の全国スーパー売上高
  • 1月の食品スーパー売上高
  • 豪中銀理事会の議事録公表(7日開催分、9:30)
  • 欧州連合(EU)財務相理事会
  • 2月の仏PMI速報値(17:00)
  • 2月の独PMI速報値(17:30)
  • 2月のユーロ圏PMI速報値(18:00)
  • 2月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、23:45)
  • 1月の北米地域の半導体製造装置BBレシオ(22日8:00)
  • 米2年物国債入札
  • 海外16年11月~17年1月期決算=ウォルマート・ストアーズ、ホーム・デポ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/22の予定>
  • 16年12月と16年の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 1月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 1月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 2月の独Ifo企業景況感指数(18:00)
  • 1月の米中古住宅販売件数(23日0:00)
  • 米5年物国債入札
  • ブラジル中央銀行が政策金利を発表
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月31日~2月1日開催分、23日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/23の予定>
  • 1月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 16年12月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 木内日銀審議委員が山梨県金融経済懇談会で講演(10:00)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 木内日銀審議委員が記者会見(13:30)
  • 進藤鉄連会長の会見(14:30)
  • 1月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 韓国中銀の金融通貨委員会
  • 米7年物国債入札
  • マザーズ上場=ユナイテッド&コレクティブ、レノバ
  • 札証アンビシャス上場=フュージョン
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/24の予定>
  • 閣議
  • プレミアムフライデー開始
  • 1月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 2月の米消費者態度指数確報値(ミシガン大調べ)
  • 1月の米新築住宅販売件数(25日0:00)
  • インド市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]