ギリアドのC型肝炎薬、1錠8万円 厚労相諮問機関が決定

2015/8/26付
共有
保存
印刷
その他

 米製薬ギリアド・サイエンシズの日本法人は9月初めにもC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」(一般名レジパスビル/ソホスブビル配合剤)を発売する。厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会は26日、ハーボニーの価格を1錠あたり8万171.3円と決めた。

 ハーボニーは1日1錠、12週間投与する必要があり、1回の治療にかかる薬剤費は約673万円。しかし、国の助成制度の対象になれば、月最大2万円で済むことになる。

 ハーボニーは今年5月にギリアドが発売した「ソバルディ」と同じく、肝炎治療の主流で副作用が強いインターフェロンを使わないで治療できる。日本人のC型肝炎患者の約7割を占める「1型」と呼ばれる遺伝子型の肝炎に効果がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:45
9:05
北陸 7:02
7:01
関西 6:05
6:00
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
19:30
14:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報