スマート衣料で従業員の健康管理 東レが法人向けサービス

2016/8/25 20:09
共有
保存
印刷
その他

 東レは25日、機能性繊維とIT(情報技術)を組み合わせたスマート衣料で、従業員の健康管理ができる法人向けサービスを始めたと発表した。心拍数などの生体情報を集める高機能繊維を使うTシャツとNTTコミュニケーションズのクラウドシステムを組み合わせた。料金は1人あたり月4000円で、製造業や建設業、運送業などに売り込む。

 電気を通す樹脂でコーティングした繊維を使ったTシャツで心拍数の変化や体の傾きなどを計測し、小型機器でデータを送る。従業員の体調が悪くないか、事故が起きていないかなどを管理者らがスマートフォン(スマホ)などで確認できる。

 繊維各社は機能性繊維を使って生体情報を取得できるスマート衣料の開発を進めるが、事業化は国内で初めて。導入時にはウエア代とデータ転送の機器代がそれぞれ1万800円かかる。2018年度に2億円の売り上げを目指す。救命救急の医療現場や高齢者の見守りなどにもサービスを広げる考えだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 25日 7:01
25日 7:01
東北 25日 7:01
25日 7:00
関東 25日 7:01
25日 7:01
東京 25日 7:01
25日 7:00
信越 25日 7:00
25日 7:00
東海 1:31
0:02
北陸 25日 7:01
25日 7:00
関西 1:00
25日 23:50
中国 25日 5:55
25日 5:50
四国 25日 6:02
25日 6:00
九州
沖縄
25日 22:09
25日 22:08

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報