商船三井がLNG発電船 事業化検討、収益安定狙う

2017/5/25 23:57
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 商船三井は液化天然ガス(LNG)火力による発電船事業への参入を検討する。社内で具体的な内容を詰め、10年以内の事業化を目指す。海運は市況に左右されずに収益を生み出す事業の確立が課題となっている。環境負荷の低いLNG火力による発電船事業は世界的に例がないとみられ、競合に先駆けることで新しい収益事業に育てる。

 LNG発電船はタンカーからLNGの補給を受けて船内の発電機を回して発電し、海底ケーブルなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

事業統合商船三井LNGLNG発電船

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:45
9:05
北陸 7:02
7:01
関西 6:05
6:00
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
19:30
14:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報