代ゼミ、20校閉鎖 浪人生減で全国7校に

2014/8/23 11:04
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 大手予備校「代々木ゼミナール」を運営する学校法人高宮学園(東京・渋谷)は全国27カ所の校舎を7カ所に減らす方針を固めた。20カ所では2015年度以降の生徒募集をやめて休校し、事実上閉鎖する。施設の活用法は未定という。代ゼミは大学受験の浪人生を主な対象に運営してきたが、少子化や現役志向の高まりで浪人生が減り、業績が悪化していた。

 代ゼミとして存続させる校舎は(1)本部校代ゼミタワー(2)札幌校(3)新潟校(4)名古屋校(5)大阪南校(6)福岡校(7)造形学校(東京・渋谷)――の見通し。

 代ゼミとしての授業を打ち切る20カ所に通う高校1、2年生にはグループの進学塾を紹介する。休校の時期など詳細は校舎ごとに調整する。講師には「事業展開の最適化を図る」などとする理事長名の文書で概要を通知した。近く生徒や保護者、高校関係者らにも正式に説明するとみられる。

 高宮学園は15年3月まで職員に対し希望退職を募集する。規模は100人前後になるもようだ。

 1957年に開校した代ゼミは駿台予備学校、河合塾と並び「三大予備校」と評され、私立文系を目指す浪人生を中心に生徒を獲得してきた。近年は国立回帰や現役志向の高まりが逆風になっており、10年には中学受験塾「SAPIX」の運営会社を買収し、浪人生に依存した事業モデルからの脱却を図っている。

 現役生の大学受験が主な対象の「東進ハイスクール」を運営するナガセでは、14年3月期の売上高が前の期比6%増の約400億円だった。

 教育業界では少子化を背景にここ数年、ナガセが四谷大塚を買収し、ベネッセホールディングスが東京個別指導学院を子会社化するなど、再編が加速している。今後もリストラや合従連衡といった動きが続きそうだ。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

代々木ゼミナール、東京個別指導学院、東進ハイスクール、ベネッセホールディングス、ナガセ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
5/24 大引
16,498.76 -155.84 -0.94%
NYダウ(ドル)
5/23 終値
17,492.93 -8.01 -0.04%
ドル(円)
5/24 18:30
109.63-64 +0.09円安 +0.08%
ユーロ(円)
5/24 18:30
122.63-67 -0.29円高 -0.23%
長期金利(%)
5/24 15:30
-0.105 ±0.000
NY原油(ドル)
5/23 終値
48.08 -0.33 -0.68%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報