配偶者の海外転勤に同行、社員に休職最長5年 住友電工

2017/4/21 23:45
共有
保存
印刷
その他

 住友電気工業は21日、配偶者の海外転勤に同行する社員に最長5年間の休職を認める制度を4月から導入したと発表した。配偶者が1年以上、海外に滞在する社員が対象。30歳から40歳の女性社員が配偶者の海外転勤を機に退職するのを防ぐ。

 これまでは一度退職して、5年以内に復職できる制度を運用していた。新制度で休職前と同じ職場に戻りやすくなる。経験を積んだ人材の定着につなげるほか、「休職中に海外生活を経験することで、復帰後に新たなキャリア形成につなげてもらう」(同社)狙いもあるという。

 政府が女性の活躍を推進していることを受け、企業の間で同様の取り組みが進む。既にリコーや大和証券など大手が導入。自治体でも職員がこうした制度を利用できるようにする動きがある。

 住友電工は女性の活躍を推進する制度の導入に力を入れる。4月から、在宅勤務を終日だけでなく部分的に利用できる制度も導入している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

住友電気工業海外転勤転勤大和証券リコー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:02
7:01
関西 14:30
6:30
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報