ソフトバンク、10兆円ファンドを連結対象に

2017/5/21 19:50
共有
保存
印刷
その他

 ソフトバンクグループはサウジアラビアなどと共同で発足させた10兆円ファンドを、自社の連結対象に加える。全額出資子会社の英半導体設計アーム・ホールディングス株のうち、82億ドル(約9100億円)分に相当する25%をファンドに移し、現金と合わせ総額で280億ドルを拠出。実質的にグループ内にファンドを抱える形となる。

決算会見をするソフトバンクグループの孫正義社長(10日)

決算会見をするソフトバンクグループの孫正義社長(10日)

 「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の最大の出資者は450億ドルの拠出で合意したサウジアラビア政府系ファンド。出資額第2位のソフトバンクが運営責任者となる。

 米アップルやシャープ、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業などを含めまず930億ドルを調達。今後半年で1000億ドルとする計画。ソフトバンクは当初250億ドルを拠出する予定だったが、他の出資者の要請で一部をアーム株として280億ドルにすることで決着した。

 ファンドを連結対象とすることで、運用実績がソフトバンクの業績に直結する。持ち株会社に移行後の18年間のソフトバンクの投資事業は、投資のリターンを示す内部収益率(IRR)が44%と高い。ただ2017年3月期はインドの投資事業で損失を出すなど、不安定な一面もある。ソフトバンクにとって巨大ファンドが「もろ刃の剣」となる可能性もある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:00
関西 6:00
5:59
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報