富士フイルム、再生医療向け細胞培養材料 12月発売

2014/11/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 富士フイルムは、再生医療などで細胞を培養するときに使うバイオ材料を12月に発売する。動物由来の原料で作った従来品よりも安全性が高く、加工しやすいのが特徴だ。まず大学などの研究用に販売する。

 富士フイルムが発売するバイオ材料は、コラーゲンを作る人間の遺伝子を酵母に組み込んで作った「リコンビナントペプチド」と呼ばれる人工たんぱく質。アレルギーや感染症の原因となる動物由来の成分を含まず、安全性が高い。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:02
23日 7:01
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 23日 23:00
23日 21:46
北陸 23日 7:01
23日 7:00
関西 23日 22:49
23日 22:46
中国 23日 9:18
23日 9:08
四国 23日 6:02
23日 6:00
九州
沖縄
23日 21:43
23日 21:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報