速報 > 企業 > 記事

帝人、樹脂でフロント窓を3割軽く 市販車に採用

2017/6/19 19:44
共有
保存
印刷
その他

 帝人は19日、樹脂製の自動車用フロントウインドーを開発したと発表した。樹脂はガラスに比べて強度が高く、窓周辺を支えるAピラーと呼ばれる枠が必要ない。従来に比べ3割程度軽く視界もよくなるため、京都大学発の電気自動車(EV)ベンチャー、GLM(京都市、小間裕康社長)が採用を決めている。樹脂製フロントウインドーが市販車で採用されるのは世界初という。

 ポリカーボネート樹脂にコーティング剤を二重に塗布することで、耐摩耗性を高めてフロントウインドーに使えるようにした。軽量化でエネルギー消費量を抑えられるほか、Aピラーがなくなるため視界もよくなる。

 国の自動車保安基準改正で7月からフロントウインドーに樹脂が使えるようになり、GLMが採用を決めた。GLMは公道走行に必要な認証をとったうえで、今秋以降に同社のスポーツカー「トミーカイラZZ」に搭載する。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

プラスチック帝人GLMフロントウインドー樹脂

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:35
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報