ゴーン氏、岡崎製作所を初訪問 三菱自の主力工場

2017/5/19 20:57
共有
保存
印刷
その他

 日産自動車三菱自動車の会長を兼務するカルロス・ゴーン氏は19日、三菱自の主力工場の岡崎製作所(愛知県岡崎市)を初めて訪問した。三菱自から日産にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する予定の試作車などに試乗。「三菱自に足りないのは販売拡大だ」と社員に奮起を促した。

 ゴーン会長は、三菱自がインドネシアで今秋に生産を開始し、日産に供給する予定の多目的車(MPV)の試作車を自ら運転。「運転性能や燃費もよく競争力が高い」と評価した。

 三菱自は燃費不正の影響で落ち込んだ世界販売を、2020年3月期に現在の25%増の125万台に引き上げる目標を掲げる。ゴーン会長は約400人の社員を集めたパネルディスカッションで、「三菱自は100万台前後の販売が続いているが、欧米などを開拓すればさらに成長する余地がある」と述べた。

 その上で、「岡崎製作所は現在、年間25万台のフル生産。輸出比率が9割で(3社の)アライアンスの中でも重要な拠点だ」とも強調した。

 三菱自は燃費データの不正問題を契機に昨年10月、日産から34%の出資を受け傘下に入った。ゴーン会長は三菱自のインドネシアとタイの工場は視察しているが、国内工場は初めて。岡崎製作所は多目的スポーツ車(SUV)「アウトランダー」など主力車種の開発や生産を手掛けている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 19:16
17:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:01
中国 7:01
7:01
四国 11:50
7:01
九州
沖縄
6:00
2:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報