未来面「革新力 」

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「建築」は、世の中をよくできるか。

 未来面は、日本経済新聞社が読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する紙面です。今回のシリーズのテーマは「革新力」。新聞紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。企業のモノ作りは、サービスは、金融は世の中をよくできるのか。革新的なアイデアをお寄せください。アイデアの投稿はこちらまで。

「イノベーションに向けた志とは?」
大野直竹・大和ハウス工業社長 経営者編第2回(1月5日)

2016/1/5 3:30
共有
保存
印刷
その他

 昨年も日本人がノーベル賞の生理学・医学賞、物理学賞を受賞し、サイエンス分野では21人になりました。過去10年間で日本の企業や大学などが出願した国際特許件数が2倍近くに増えるなど、日本のイノベーション(技術革新)を生み出す力は高まっていると感じます。日本人は品質や美の観点から物事の本質を究めていく気質があります。その気質は研究開発に向いているのでしょう。

 企業にとってイノベーションは成長の大きな原動力です。企業は自己満足の研究に終わることなく、常に「人が使う、利用する」ことを前提に開発に取り組んでいます。当社も道を切り開いて成長してきました。「建築の工業化」という創業理念を掲げてプレハブ住宅を開発し、商品化するプロセスはまさに前人未踏の道でした。幹線道路に並ぶ飲食店や量販店の建物も、ビジネスモデルのイノベーションにより普及に弾みをつけました。

 最近はインターネット通販の急成長などをとらえ、最新機能を備えた物流倉庫にも力を入れています。単に建てるだけでなく、住宅建築を通じて培った「お客さまの声に耳を傾け、常にお客さまに寄り添う」という姿勢を持つ企業だからこそ、新しい社会ニーズに応え、人々の生活をよりよくできると実感しています。

■創意の源泉は文化への感度と人間力

 イノベーションを生み出す企業の力は、社員一人ひとりの力の総和です。今あるものを何か改良できないか、まったく違う新しいもので置き換えられないか、という視点で考え続ける人を育てなければなりません。私はよく社員に「絵画を見なさい」「映画に行きなさい」と言います。芸術や文化に触れるなど、仕事以外でのさまざまな経験で人間力を養い、センスを磨かなければ、新しいモノを生み出すことはできないからです。人間力こそイノベーションの源泉であり、社会に役立つモノを生み出す基盤なのです。

 様々な企業や組織、大学などとの協同や協業も大切です。人間力あふれた人たちの色々な知を結集することで、より社会に役立つモノに磨いていけます。そして新たなイノベーションの創出は、そもそも「何を目指し、世の中をどう変えたいのか」という明確な意識、つまり「志」がなければ成しえません。

 次代を担う皆さんは、世の中をよくするイノベーションを生み出すため、どのような志を持っていますか。

大野直竹・大和ハウス工業社長の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから

 ■編集委員から 「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は戯言(ざれごと)である」。江戸時代末期、農村の復興に尽力した農政家・思想家である二宮尊徳が残した言葉といわれています。経済と道徳は車の両輪でなければならないという箴言(しんげん)です。この言葉を借りるなら「イノベーションなき経済は退歩であり、経済なきイノベーションは道楽である」ということになるかもしれません。イノベーションはすべて世界の発展と人類の進化のためにあるべきだからです。

 それは企業にとっても同じです。およそ世の中の役に立たない研究開発は、ビジネスとして成り立つはずがないからです。研究室に閉じこもらず、現実の社会を広く見渡して人が求めるものを探り出し、具体化する。そんなイノベーションを追求する企業や企業人の取り組みに期待したいと思います。(編集委員 後藤康浩)

未来面 革新力をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

大和ハウス工業イノベーション

越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長編

【PR】

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報