エーザイとシスメックス、認知症の診断薬開発で提携

2016/2/15 19:45
共有
保存
印刷
その他

 エーザイは15日、検査機器大手のシスメックスと認知症の早期発見に向けた診断薬開発で提携したと発表した。認知症を精密に診断するには、脳画像診断や脳脊髄液を抜き取っての検査が必要で、検査費用の高さや患者の体の負担の重さが課題になっている。両社は3年後をめどに、血液で簡易に検査できる診断薬の開発を目指す。

 エーザイは認知症治療薬「アリセプト」を販売しており、認知症の症状や診断法のノウハウがある。シスメックスは血液をはじめとする臨床検査で専門的な技術を持つ。診断薬の開発はシスメックスが手掛け、エーザイが協力。できあがった製品はシスメックスが販売し、エーザイが売上高の一部を受け取る計画だ。

 認知症の重症化を防ぐには、早期の診断が必要とされている。簡単にできる診断薬が生まれれば、予防や症状悪化にいち早く取り組めるほか、医師が適切な治療方法を選択する際にも役立つ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:35
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報