未来面「革新力 」

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「製薬」は、世の中をよくできるか。

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートさせました。今回のシリーズのテーマは「革新力」です。日本経済新聞の紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。企業のモノ作りは、サービスは、金融は世の中をよくできるのか。革新的なアイデアをお寄せください。

チームが変革するためメンバーは何をなすべきですか?
学生の提案 中山譲治・第一三共社長編

(1/3ページ)
2016/10/24 3:30
共有
保存
印刷
その他

 中山譲治さんの提示した「チームが変革するためメンバーは何をなすべきですか?」という課題に対し多数のご投稿をいただきました。紙面掲載分を含めて、当コーナーでその一部をご紹介します。

■小さな数値目標を励みに

古木 謙人(名古屋大学大学院情報科学研究科修士2年、25歳)

 メンバーの一人ひとりが仕事の目的を腹の底に落とし込むことが重要だ。個人の仕事は細分化されているため最終目標が遠い。そのため仕事の意義を見いだせず、身の入らない仕事になりがちである。そこで提案したいのは「小目標の設定」だ。最終目的である大目標に対し、細分化した小さな目標を設定することで仕事の目的を定められる。その際に考慮したい点は数値だ。大目標は「利益率10%上昇」というように数値化して表されることが多く、目標が明確だ。小目標も何かしらの数値目標を設定することで、達成すればチームに貢献できたという実感と充実感が得られる。このように取り組んだメンバーが後進を育成することで目的意識を持ったメンバーが生まれ、循環的に成長できるチームができると考える。

■対等に意見を交わせる関係を

谷口 実那(青山学院大学社会情報学部3年、22歳)

 チームの変革には上下関係のない環境が不可欠だ。私は高校の3年間、ハンドボール部に所属していた。1年生のころは先輩の人数が多く、私たちの練習は後回しだった。ただ当時は、上下関係を意識しすぎたあまり「先輩を優先するのは当たり前だ」と考え、積極的に練習に参加しなかった。しかし、今となってはチームが成長するには1年生も先輩に負けまいと練習に参加し、お互いを高め合うことが重要だったと反省している。年長者の知識や経験が役立つことも多いが、上下関係がチームの成長を妨げることもあるだろう。年長者の意見を受け入れ、先輩を立てることはもちろん大事だが、対等に話し合える仲間であることも重要だ。上下関係のない、対等に話し合えるチームであれば、意見がたくさん出てくるようになり、新しい考え方や技術も取り込みやすくなると思う。

■批判する力を身につける

木南 遼介(海陽学園海陽中等教育学校高校2年、16歳)

 チームの変革のために必要な力であり、今の日本に一番足りないものが「批判する力」だ。自分の意見を主張せず、多数派に流されることはチームのために必要なことなのか。意見があるということは現状に不満があるということだ。批判とは決して否定することだけではない。良い点も悪い点も批評することこそが批判だ。否定するだけの力など無意味だ。ここで思考というものが大切な要素となる。ある哲学者が「人間は考える葦(あし)である」と述べた。人間に思考力がなければただの葦であり人間ではなくなるのだ。常に問題意識を持ち、現状を疑い、思考し批判することが大切だ。批判が問題を浮き彫りにし、変革の糧になるだろう。変革のため現状を疑うという思考をし、批判することが大切なのではないか。

【以上が紙面掲載のアイデア】

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

片野坂真哉・ANAホールディングス社長編

永瀬昭幸・ナガセ社長 東進ハイスクール理事長編

東原敏昭・日立製作所社長兼CEO編

国分文也・丸紅社長編

高橋広行・JTB社長編

山内雅喜・ヤマトホールディングス社長編

尾堂真一・日本特殊陶業社長編

柄沢康喜・三井住友海上火災保険社長編

大野直竹・大和ハウス工業社長編

越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長編

【PR】

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報