カジノ事業は甘くない 身辺調査、違反で資格剥奪

2014/8/15 23:46
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 カジノ解禁に向けた議論が進むなか、日本企業が関心を強めている。京浜急行電鉄は15日、カジノ運営への参入検討を発表。他にも参入をねらう企業は多い。ただカジノはギャンブルへの依存などマイナス面が指摘されるほか、事業運営でも難しい面は多い。海外のカジノ事業で実績のある企業の取り組みを探った。

 年4千万人の観光客が訪れるネバダ州ラスベガス。空の玄関口であるマッカラン空港の近くに、コナミのスロットマシン工…

関連キーワード

カジノ、コナミ、スロットマシン、日本金銭機械、木村良一、坂本哲、京浜急行電鉄、TODAY、ギャンブル

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/07 11:29
20,383.09 +270.97 +1.35%
NYダウ(ドル)
7/06 16:36
17,683.58 -46.53 -0.26%
ドル(円)
7/07 11:09
122.65-70 +0.02円安 +0.02%
ユーロ(円)
7/07 11:09
135.40-44 -0.48円高 -0.35%
長期金利(%)
7/07 9:31
0.460 ±0.000
NY原油(ドル)
7/06 終値
52.53 -4.40 -7.73%

アクセスランキング 7/7 11:00 更新

1.
ギリシャが新提案へ [有料会員限定]
2.
緊縮「NO」 深まる溝 [有料会員限定]
3.
(迫真)マイナンバーがやってくる(2) バイトの住民票どこだ [有料会員限定]
人気連載ランキング保存記事ランキング

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報