バンナム、カートレースなどVR施設を国際展開

2017/6/13 15:00
共有
保存
印刷
その他

 バンダイナムコエンターテインメントは13日、仮想現実(VR)の体験施設の海外展開を始めると発表した。VR機器を装着しながら、ゲームやアニメの世界観を体験できる。7月に新宿・歌舞伎町に開業させる大型VR施設を旗艦店と位置づけ、今夏にもロンドンに海外第1号店を設ける。世界的にも有名なアニメのキャラクターなどのコンテンツを武器に、北米やアジアなどにも店舗網を広げる方針だ。

 「新しいエンターテインメントへの挑戦だ」。都内で記者会見を行った浅沼誠常務は胸を張った。7月14日にオープンする新宿のVR施設の名称は「VR ZONE SHINJUKU」。2階建ての施設で延べ床面積は3600平方メートル。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」や人気ゲーム「マリオカート」をテーマにしたアトラクション16種類が楽しめる。

 エヴァンゲリオンでは正体不明の敵「使徒」と戦い、マリオカートでは最大8人が同時にカートのレースを楽しめる想定だ。VR機器を装着することでアニメの世界観に入り込んだ感覚を味わいながら、地面が揺れる感触や風も再現している。

 バンナムは海外を中心に、こうしたVRコンテンツを3~4種類体験できる100~260平方メートル規模の施設を展開させる予定だ。まだ具体的なキャラクターは未定だが、シンガポールやドバイ、ニューヨークといった大都市での出店を視野に入れる。国内でも多店舗展開させる方針で、グループ会社でアミューズメント施設を展開するナムコと組む。

 新宿・歌舞伎町では、各コンテンツの体験時間を6分程度と想定する。料金は4つのコンテンツを体験できる場合は税込みで4400円。入場日時を指定する事前予約も受け付ける。主なターゲット層は10代後半から30代前半で、若者から家族客、カップルといった幅広い層を取り込む。

 歌舞伎町の営業は2019年3月末までの期間限定。施設内ではVRコンテンツのほか、飲食店も用意する。バンナムは入場者数100万人を目標としている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 27日 7:01
27日 7:00
東北 27日 7:01
27日 7:00
関東 27日 7:01
27日 7:01
東京 27日 21:44
27日 7:01
信越 27日 7:00
27日 7:00
東海 2:05
1:30
北陸 27日 6:32
27日 6:25
関西 2:04
2:02
中国 27日 7:02
27日 7:01
四国 27日 7:02
27日 7:00
九州
沖縄
2:12
2:11

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報