日本製半導体装置、販売11.6%増 16年度業界予測

2017/1/12 19:59
共有
保存
印刷
その他

 日本半導体製造装置協会(SEAJ)は12日、2016年度の日本製の半導体製造装置の販売額が前年度比11.6%増の1兆4605億円になる見通しだと発表した。2.7%増としていた16年7月の予測から上方修正した。記憶素子を立体的に積み上げる3次元メモリーや中国のスマートフォンの高機能化で設備投資が増えている。

 17年度の需要予測は前の年度見込み比3.4%増、18年度は同1.2%増と予測しており、1兆5000億円を超える高水準を維持する。

 一方、日本製のフラットパネルディスプレー製造装置の販売額は、16年度に5200億円と前年度比73.7%増える見通し。17年度は前の年度見込み比7.7%減、18年度は同12.5%減になると予測した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 14:00
7:05
北陸 6:32
6:30
関西 6:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
20日 21:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報